故人と最後までいたいから親族が葬儀場に泊まるケースがある!

葬儀の様子

 

お通夜の弔問客が帰ったときに、近親者が葬儀場に泊まって故人に寄り添っていることがあります。ここでは葬儀場に泊まる必要があるのかということを解説するとともに、泊まる際に注意するべきことについても解説しています。

 

葬儀場で泊まるのはどういう理由があるのか?

お通夜のときに葬儀場に遺族が泊まることがありますが、これは必須ではありません。

昔からの風習で、お通夜に灯した線香の灯を絶やさないために、お線香番を立て続ける必要がありました。昔は自宅で葬儀を行うことが多かったのですが、現在では葬儀場での葬儀が主流となっているため、お線香の番は線香の灯が消えていないことをチェックするために、葬儀場に泊まっています。

しかし夜通し線香の灯を灯すこと自体が防犯上難しくなっている現代では、この目的のために泊まる必要が少なくなってきています。

 

宿泊する人数に制限があるのが一般的

宿泊が可能な葬儀場であっても、誰でも受け入れているわけではありません。大抵の場合は人数に制限を設けています。故人の家族や近親者の中から数名程度が限度とされており、多人数で宿泊することはできません。

子どもと一緒に宿泊することもできますが、子どもをじっくり寝せたいならば葬儀場ではなく、自宅かホテルの方が望ましいでしょう。

 

葬儀場では仮眠しかできない点に注意する

葬儀場で宿泊できたとしても、ホテル並みの宿泊施設があるところはまれです。多くの場合は葬儀場のホールの控室にある座敷で仮眠することになります。畳の上に横になることができる程度の設備しかないところもあるので、注意しましょう。

葬儀場で宿泊する可能性があるときは、あらかじめ設備の確認を行い、必要なものがあれば持参するようにしてください。喪主やその家族が仮眠したことで体調を崩してしまっては元も子もないので、体調がすぐれないときは自宅や近隣のホテルでしっかりと休むようにしましょう。

 

泊まるのに必要な持ち物はあらかじめ持参しよう

葬儀場に泊まるのであれば翌日の告別式のことを考え、必要なものをあらかじめ持参しておきましょう。当然告別式でも喪服を着用しますが、そのまま寝てしまうことがないように、ジャージやパジャマを準備しておくとリラックスした状態で過ごせます。歯磨きや髭剃りなどのアメニティセットも準備しておくとよいでしょう。

泊まっている最中に必要になるわけではありませんが、数珠と香典については忘れないようにしてください。お通夜から泊まり込んでいると、翌日の告別式のことを考える余裕がないかもしれませんが、あらかじめ告別式で必要な数珠や香典を準備しておくと、安心です。

 

葬儀場にはシャワーやお風呂がない

葬儀場で泊まるときに不安になるのが、お風呂やシャワーです。お風呂やシャワーが完備されていたとしても、共同で使用する小規模なものに限られます。シャンプーやせっけん、ドライヤーなどがない可能性も高いので、自分たちで持参するようにしてください。

お風呂やシャワーが完備されていない場合は、自宅やネットカフェ、銭湯などを利用することになります。その場合、全員で出ていくのは望ましくありませんので、順番にお風呂に入りに行きましょう。

 

最近の葬儀場は防犯面から泊まれないところがある

すべての葬儀場で宿泊ができるわけではありません。葬儀の受付は深夜でも行われるため、深夜であってもスタッフがいることが多いですが、深夜に施錠していて宿泊ができない葬儀場も存在します。そのほかにも、防犯上の理由から泊まれないところもあるので、事前に確認をした方がよいでしょう。

現在ではお通夜に葬儀場に泊まり込むという風習自体が希薄になってきており、日付が変わる前まで故人に寄り添う形が増えてきています。葬儀の形は時代とともに変わってきていますので、今後は葬儀場に泊まることがさらに少なくなっていくでしょう。

 

まとめ

現在葬儀場に泊まるということ自体が少なくなってきていますが、昔からの風習でお通夜から線香の灯を絶やさないようにするために葬儀場に泊まることもあります。ただし、葬儀場はあくまでも仮眠をする場所だと認識し、アメニティなど宿泊に必要なものは持参しましょう。

葬儀場をお探しの方は、ぜひ「株式会社花セレモ」までご連絡ください。お通夜の後に宿泊について気になっていることなどあれば、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

住所 〒206-0811 東京都稲城市押立1744-80
営業時間 24時間営業
定休日 なし
  • 電話番号: 042-370-8708
  • お問い合わせ